COPYRIGHT 2008-2009 TENCHITAIRAN GIGASSOFT INC. ALL RIGHTS RESERVED.YNK JAPAN PRESENTS.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今回は、奇特にもこのコーナーに出演したいという人がいらっしゃいましたので、ぜひともやってみたいと思います。
 どうなるか誰にもわかりません。私にもわかりません。
 ただ言えるのは、間違いなく何かがおかしくなるという事だけでしょう(笑







魔バストアップ
[ちょい前から聞きたかったんやけど」

正バストアップ
「ん?何じゃ突然?」

魔バストアップ
「何でおんどれは結構な情報を知っとるんや?こっちは何も知らんっちゅうのに」

正バストアップ
「まぁ色々調べたりしておるからのぅ。しかし知らん事もまだまだあるぞぃ」

邪バストアップ
「カレがナニもシラなかったら、タダのエキセントリックフューチャージジィなダケになってしまいマース。
フレンドとしてはロウゴのセイカツがトテモシンパイデース」

正バストアップ
「うるさいわ!!ほっとけ」

魔バストアップ
「しかしほんまに凄いやっちゃの、オンドレは」



「ふふふ、その程度の知識で偉そうにしてもらっちゃ困るぜ」



魔バストアップ
「誰や!?」

邪バストアップ
「え、ミーはスーパーハンサムなナイスガイのミーですよ。シラなかったんデスか?」

魔バストアップ
「誰もオンドレには聞いとらんわ!!死ねボケ!!カス!!」

邪バストアップ
「オゥ、いくらミーがナイスガイだからってソンナにウラヤマしがらなくてもいいデスよ。ミーはそんなアナタにもフレンドリーデース」

正バストアップ
「そこじゃ!!姿を現せぃ!!」


「どうやら見つかってしまったようだな。今姿を見せてやる……」















黒さま☆


魔バストアップ驚正バストアップ驚
「誰だお前!?」


黒さまバストアップ
「ご紹介ありがとうございます。私は、黒将軍に似た人たちばかりが住んでいる黒将軍星からやってきました、姓を黒将軍、名を黒将軍、人呼んでさすらいの黒将軍という者です」

魔バストアップ
「誰も紹介しとらへんし!!ほんま誰やねん!!」

邪バストアップ
「オオ!!ユーはたしか……、エットなんダッケ?あ、ユーのフレンドのクロジェネラルな……ナンだっけ?」

黒さまバストアップ
「紹介遅せぇし、それぐらい憶えろよ(バーン!!)」

邪バストアップ
「ウップス、イツモながらユーのツッコミはベリベリイタイのデース」

魔バストアップ
「何や敵か!?敵なんか!!」

黒さまバストアップ
「あ、ちょ、ちょっとまって!!いきなり首を絞めるのは止めてください」

魔バストアップ
「うっさいわボケ!!敵ならさっさと往生せいや!!」

黒さまバストアップ
「だからちょっと待ってくださいって……ちょ、ああ、もう!!(バーン!!バーン!!)」

魔バストアップ
「うわ、イタ、イタタタ!!ちょ何やお前マジで!!」

正バストアップ
「えっと、黒将軍さんと言ったかのぅ?お主はどうやら覇天の知り合いみたいじゃがどうしたんじゃ?」

黒さまバストアップ
「ゴホゴホ、オエップ……え?何も聞いてないんですか本当に?」

邪バストアップ
「あ、タッタいまオモイだしマシタ!!ユーはたしかクロジェネラルプラネットからヤッテきたえっと」

黒さまバストアップ
「思い出すの遅せぇし、話もう変わってるし(バーン!!)」

正バストアップ
「まぁまぁ、それでいったい何の用なのかのぅ?」

黒さまバストアップ
「えっと実はですね、彼から情報が少ないと聞いて、私が知っている情報をお教えしようと思って
やって来たんです」

正バストアップ
「おお、それはありがたい。情報はあればあるほど良いからのぅ」

魔バストアップ
「え?敵ちゃうんかオンドレ?」

黒さまバストアップ
「だから敵ではないですよ、まったく」

魔バストアップ
「じゃあ味方なんか?」

黒さまバストアップ
「えっと、一概に味方という訳では」

魔バストアップ
「じゃあやっぱり敵というわけやろが!!」

黒さまバストアップ
「だから敵ではないですって」

魔バストアップ
「じゃあ味方なんか?」

正バストアップ
「ちょっと待つんじゃ!!これじゃ話が進まんじゃろうが」

黒さまバストアップ
「とりあえずうちのブログを見て下さい」


<黒将軍と天地大乱>
(リンク欄にもあります)


正バストアップ
「ほほ!!これはまた色々な情報が載っておるのぅ。しかもわかりやすい」

黒さまバストアップ
「他の国の十二之天2(日本では天地大乱と改名)の情報が主ですが、これから今作の情報もどんどん載せようかと思っています」

正バストアップ
「いやいや、まだあまり発表されていないスキルアップの事や無頼の情報まで載っておるとは。
やるのぅお主」

黒さまバストアップ
「何にしても、全てはこれからですね」

正バストアップ
「そうじゃのぅ。始まるといってもまだCβじゃし。GMのオジキたちも、これからが大変じゃと言うておったわ。何にせよ変わらずよろしく頼むのぅ」

黒さまバストアップ
「こちらこそよろしくお願いします」

魔バストアップ
「で、結局オンドレは敵なんか!?」

黒さまバストアップ
「え?ええ?聞いてなかったんですか今の話?」

魔バストアップ
「うっさいわボケ!!そんな事どうでもいいんじゃ!!どっちなんや?敵か味方か!!」

邪バストアップ
「オモイだしマシタよ!!ユーはジョウホウをリークするミッションのために、このアバラヤへワザワザキたんデース」

魔バストアップ
「ちょうっさいわ、オンドレは少し黙っとれやカス!!」

邪バストアップ
「オーイッツガッデム!!ゴウツクバリのガリガリコマンダーにイワレたくないのデスマスデース。ミーがハナシをススメないとミッションコンプリートできナイのデース!!」

魔バストアップ
「何やとコラ!!やるっちゅうんか!!相手になるぞボケ!!カス!!」

邪バストアップ
「ノゥノゥ、ボウリョクハンザイ。ジンルイミンナナカジマミユキなキョウダイブネデース」

魔バストアップ
「マジうるさいっちゅうねん!!アンだらっとったらかんぞゴラァ!!」

黒さまバストアップ
「あの……撃っちゃっていいすかマジで?」

正バストアップ
「……撃っちゃえ」






 黒将軍さん、こんな感じになりましたがいかがだったでしょうか?
 実際はこの長さの倍近くありまして、というか聖天組長がいなかったら絶対に話終わってません。
 好き勝手すぎだよ後の二人orz
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://aosino.blog114.fc2.com/tb.php/18-83a654e5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。